2019年度(平成31年/令和元年度)






説話文学会 2019年度大会         

   ご案内    プログラム    趣意文・要旨

日にち: 2019年6月29日(土)・30日(日)
会場 : 名古屋大学 東山キャンパス(愛知県名古屋市千種区不老町)
     野依記念学術交流館

【プログラム】

29日(土) 14:00〜17:30(受付開始13:30)
〈第1日目〉シンポジウム「律をめぐる宗教的環境と説話文学との架橋」

〈オーガナイザー〉近本 謙介(名古屋大学)
〈コメンテーター〉野呂 靖(龍谷大学)
土屋 有里子(学習院女子大学)

鎌倉期戒律復興の実像―泉涌寺僧が果たした役割
西谷 功(泉涌寺宝物館)
南都における宋代新潮仏教の流入と復古
大谷 由香(龍谷大学)
称名寺の説話資料と律
高橋 悠介(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫)
北京・南都における律の展開と交差をめぐる史料と言説
近本 謙介(名古屋大学)

30日(日) 9:30〜16:50
〈第2日目〉研究発表会

午前の部 9:30〜11:45
 
『高野山往生伝』における密教と浄土教―中世高野山信仰についての一考察―
郭 佳寧 (名古屋大学博士研究員)
『古事談』と『今鏡』の関係について―直接関係説の否定―
鈴木 和大(二松学舎大学大学院博士後期課程)
大江匡房と藤原基俊
佐藤 道生(慶應義塾大学)
総会 11:50〜12:50
 
午後の部 13:50〜16:50
 
『徒然草』第一六二段考―承仕法師の罪と罰―
池上 保之(京都橘中学校・高等学校非常勤講師)
『寺徳集』の構成―園城寺・寺内伝来本を手掛りに―
石井 行雄(北海道教育大学釧路校)
今出河一友による石上神宮由緒記の生成―「家の由緒」との連関―
向村 九音(桃山学院大学共通教育機構)
光秀の連歌と明智が妻の咄―説話に見る連歌興行―
鶴ア 裕雄(帝塚山学院大学名誉教授)





4月例会(第171回例会)

日にち:平成31(2019)年4月20日(土)
会場:文教大学 越谷キャンパス

シンポジウム「十四世紀の宗教文芸―『梅林折花集』『真友抄』の世界―」
〈オーガナイザー兼パネリスト〉芳澤 元氏(明星大学)
〈司会〉近本 謙介(名古屋大学)
〈コメンテーター〉恋田 知子氏(国文学研究資料館)
南北朝内乱の騒擾と寺院社会―醍醐寺賢西『梅林折花集』と『真友抄』―
芳澤 元氏(明星大学)
賢西と上醍醐丈六堂
高橋 慎一朗氏(東京大学史料編纂所)
『梅林折花集』の文芸と環境
猪瀬 千尋氏(名古屋大学研究員)
閉会挨拶
近本 謙介(名古屋大学・学会代表)